青の洞窟、ビシェヴォ島

青の洞窟、ビシェヴォ島

小さな島ビシェヴォはコミジャから5海里弱で、ファルクシャの「ゆりかご」で、有名な青の洞窟があります。青の洞窟は1884年にEugen von Ransonet男爵によって記録され、絵に描かれました。彼の提案により洞窟の入り口は拡張され、世界的に有名な観光スポットとなりました。見出された洞窟の美しさは、銀青で描かれ、依頼観光客を魅了し続けています。洞窟には2つの入り口があり、1つは小さいもので、もう1つは人工的に深く掘られ、船で入れるようになっています。この2つ目の入り口は広いアーチ型の天井のような形で、洞窟の南側の海面下にあります。水面下の穴から挿し込む太陽の光が水中を通り、洞窟の底に反射します。

コンタクト

ダルマチア - スプリト地域