ミニ・キャンプ場

ミニ・キャンプ場

小規模で家族経営のキャンプ場

クロアチア各地それぞれの風習をもっとよく知るには、「ミニ・キャンプ場」とよばれるこじんまりした雰囲気のキャンプ場がおすすめです。これは、宿泊ユニットが約30区画程度、宿泊者数も最大100人程度までの小規模なキャンプ場で、おもに個人の私有地や中庭に設営されています。

このようなキャンプ場は、イストゥラからドゥブロヴニクまで、アドリア海沿岸全域で見つけることができます。ほかのキャンパーたちと一緒に、ワイン園やビーチ、海、そのほかの美しい自然のみどころのちかくのオリーブの樹の日陰や、松やヤシの葉陰で、のんびり休暇を楽しむことができます。もしかしたら、ほかのキャンパーはだれもおらず、自分たちだけで、これらすべてを独り占めできてしまうことだって、ありえます。ミニ・キャンプ場は、ほとんどの場合、美しいロケーションにあるだけでなく、新しく知り合いになったホストがつくってくれる料理も楽しめます。もしかしたら、それは、ホストがこっそり教えてくれた特別なスポットで、あなた自身がつかまえた魚の料理かもしれません。ホストは、地元の料理だけでなく、キャンプ場のまわりの美しい自然についてもいろいろ教えてくれることでしょう。さらに、近隣の国立公園やちいさな中世街、大規模な観光リゾート地や島などへの観光を手配してくれたり、送迎を買って出てくれるかもしれません。また、滞在するキャンパーたちが楽しめるよう、趣向をこらした夜のエンターテインメントを企画しているキャンプ場もあります。これらすべては、キャンプ場とその周りを取り囲む環境で楽しめる文化やスポーツ、レクリエーション活動を補完するのに充分すぎるほど。また、キャンプ場の規模が小さいからといって、施設が充実していないというわけではありません。テントやキャンピングカーのほかに、レンタル用キャンピングカーやモバイルホームに滞在できるキャンプ場もあるのです。一番小さい規模のキャンプ場では、ほんの一ダースほどしか宿泊ユニットがありませんが、だからこそ、それぞれがユニークな場所なのです。

 

クロアチアで、このようなミニ・キャンプ場の数が特に多いのは、ダルマチア地方のザダル地域とドゥブロヴニク地域、さらにいくつかの島です。一方、クロアチア内陸部でも、川沿いや湖畔、クロアチアの主要観光デスティネーションからほど近いところなどで見つけることができます。クロアチア内陸部では、こうしたミニ・キャンプ場は、毎年その数を増してきています。これらは、観光でクロアチア内陸部エリアの魅力を発見するのに理想的な休暇のベースキャンプ。こうしたキャンプ場のいくつかは、クロアチア内陸部のもっとも魅力的なエリアに位置し、ほかのキャンパーたちと、ぱちぱち燃えさかるキャンプファイヤーを取り囲めば、最初に計画していたよりも滞在をのばすことになるかもしれません。キャンピングカーで旅行する人たちには、こうしたミニ・キャンプ場は理想的な宿泊先です。

何はともあれ、自然のなかで過ごすのんびりリラックスした休暇に必要なものはすべてそろったうえで、ホストのパーソナルなおもてなしが感じられるのが、最大の魅力といえるでしょう。

そして、キャンプの醍醐味というのは、そういうものなのです。