クロアチア中央部

クロアチア中央部

中部クロアチアは、サヴァ川、ドラヴァ川とムラ川が境界となっています。ブドウ園が点在するなだらかな丘陵の牧歌的な風景は、フルヴァツコ・ザゴリェ地方のおきまりの景色です。中部クロアチア地方全体とクラピナ・ザゴリェ郡両方の中心地といえば、クラピナKrapina。ここにあるクラピナ・ネアンデルタール人博物館では、19世紀にこの地で出土品が発掘されたネアンデルタール人の暮らしぶりや文化について学ぶことができます。クロアチアのこのエリアは、温泉が湧き出る温水プールで知られ、このうちのひとつはトゥヘリTuheljに位置しています。このトゥヘリ温水リゾートでは、さまざまな慢性疾患の治療に役立つ温泉が有名で、ここには、キャンプ場もあります。中部クロアチアに行ったら、バロックの街ヴァラジュディンVaraždinを訪れるのもお忘れなく。この街の公園建築がある墓地は、最高レベルの自然公園です。8月後半には、このクロアチアのバロックの街は、ストリートパフォーマンスが繰り広げられるシュパンツィルフェストŠpancirfest祭りで広く知られ、クロアチアのカルチャーとエンターテインメントの首都になる、とよく言われます。

 

チャーミングな魅力にあふれるトラコシュチャンTrakošćan城も、ヴァラジュディン郡にあり、13世紀に建てられたこの壮麗な城の長い歴史を学ぶことができます。この城は、異国情緒あふれる森林に取り囲まれた風光明媚な公園のなかにあります。クラピナ郡にはこのほか、レース編みの伝統で名高いレポグラヴァLepoglavaや、地球の中心の街と謳う伝説で知られるルドブルグLudbregがあります。ムラ川とドラヴァ川の美しさを堪能するなら、メジムリェMeđimurje郡の郡都、チャコヴェツČakovecが一番です。また、クロアチアのこのエリアのケルト人について知りたいなら、クパ川とサヴァ川の合流地点に位置するシサク・モスラヴィナSisak-Moslavina郡の郡都、シサクSisakを訪れるとよいでしょう。

この近くにあるのが、ロニュスコ・ポリェLonjsko Polje自然公園とチゴチČigoć。伝統的な木造建築の「ミュージアム村」で、春から夏にかけてコウノトリが飛来します。

Maja Danica Pečanić
シサクの西方にあるのが、ザグレブ郡。大きめの街としては、ジュンベラク・サモボルŽumberak-Samobor高地自然公園内にサモボルの街があり、ここでは、カーニバルの長い伝統と、ふわふわのカスタードクリームがサクサクのパイ生地ではさまれたクレームシュニッタkremšnitaを楽しむことができます。またスヴェタ(聖)ネデリャSveta Nedeljaの街では、近くのケレスティネツKerestinec村に、エルドゥディErdödy王朝時代の城館があります。

クロアチア中央部

のどかな静けさとリラクゼーション

クロアチア内陸部は静けさのオアシス。長い年月を経た森林やワイン畑がなだらかな丘陵に広がり、サヴァ川、ドゥラヴァ川、ムラ川のお

かげで、周辺の村では夏の暑さをいくぶんしのげます。