スラヴォニア

スラヴォニア

このエリアを旅行するなら、スラヴォニア地方をぜひ訪れましょう。ここは、バラニャBaranja地方とともに、クロアチア東部を構成しています。ここはクロアチアの穀倉地帯として知られるエリアで、実際、ヨーロッパで有数の肥沃な土地でもあるのです。ここには、コパチュキ・リトKopački rit自然公園を含め、よく知られたみどころが多数あります。コパチュキ・リト湿原は、1976年に自然公園に指定されただけでなく、重要な鳥類保護地区リストにも登録されています。ここは、手つかずの自然が残されているヨーロッパでも指折りの河川湿原平地だと考えられています。この自然公園の生物多様性に関していえば、この公園で生育している植物の種類のリストは、いまだにその数を増しているといえば、充分でしょう。この公園は、クロアチア第四の都市で、オスィエク・バラニャ郡の郡都オスィエクOsijekから、ほんの13キロのところに位置しています。

Ivo Biočina

オスィエク周辺は、ブドウ園の風景が広がり、クロアチアを代表する最高級ワインの産地です。このエリアのワイナリーでは、ワインの試飲をすることができますが、ヨーロッパでも古い伝統を誇っていると言われています。

スラヴォニア

伝統の残響

スラヴォニアSlavoniaは数々の伝説の地。神話や秘密は、世代を超えて今なお誇らしげに語り継がれています。この地では、地元の人た ちは、収穫祭や伝統衣装、地元の民俗音楽などの昔ながらの伝統を、かたくなに守っているのです。