きらめく海原の下にひそむアドリア海の魔力

きらめく海原の下にひそむアドリア海の魔力

息をのむ体験

アドリア海のクロアチア海域は、ダイビングにとって特に魅力的です。海は、透明度が高くクリスタルクリアで、息をのむような海底リーフや海壁、海底洞窟にあふれ、ユニークな動植物世界が広がっています。これらに、数多くの魅力あふれる海底考古学遺跡のほか、古代から現代にいたるまでの難破船(や飛行機)に付け加えると、クロアチアの海底がなぜ、潜水マスクを装備したプロのダイバーから、シュノーケリングを楽しむアマチュアまで、幅広い層にとって、ダイビングのトップデスティネーションであるかがおわかりになることでしょう。


アドリア海を航海する際、クロアチアの海辺の多数のダイビングセンターで提供される各種サービスを利用すれば、セーリングの楽しみと水中世界の魅力の両方を楽しむことができます。ダイビングは、セーリングの旅との相性がぴったり。ダイビングの内容とスキルに応じて、お好みのダイビングスポットを選んだあとは、そこに向かって航海ルートを計画し、あとは帆をあげて向かうだけ。


クロアチア海域でのダイビングの最大のアトラクションは、オーストリア・ハンガリー船籍の難破船、バロン・ガウチュBaron Gautsch号。同船は、1914年海底地雷によって損壊し、ロヴィニュ沖に沈みました。この船長84メートルを誇る船舶は、砂の海底40メートルの深さに垂直に横たわり、多くの海の動植物のすみかとなっています。この周囲をダイビングすると、ラージスケールド・スコーピオンフィッシュやホワイトシーブリームなどの魚の群れのほか、さまざまなサンゴやカイメンを見ることができます。


ヴェリ(大)チュティンVeli Ćutin島とマリ(小)チュティンMali Ćutin島は、ツレス島の東沖の島々で、みごとな海底壁が50メートル以上も続くのを見ることができます。その南、プレムダPremuda島の隣では、その大きさと美しさから大聖堂と名付けられているユニークな海底洞窟システムがダイビング・アトラクションとなっています。


フヴァール島の沖合、パクレニ諸島の海域では、ヴォドニャクVodnjak島へ行くとすばらしいダイビングスポットがあります。その海底には、その形状から、カンパネルKampanel(クロアチア語で「鐘」の意味)と名付けられた石のオベリスクがあります。100メートル以上もの断崖はブレラBrela近くのヴルリャVrulja入り江を周囲から隔絶しています。ここは、ツェティナ川の支流がミステリアスな深さで海に合流する場所で、このため海底の源泉から淡水が柱となって噴き出しています。砂と泥が幅広く広がる河口と違い、この河口では大きな石が特徴的です。

Ivo Biočina

アドリア海南部の海域には、ツァヴタットの近くのムルカニャツMrkanjac島から、ムリェット島のレンガLenga岬周辺の海底、ラストヴォ島近くのビイェラツBijelac島の海底断崖から、ヴィス島周辺にダイビングスポットが広がり、第二次世界大戦の時代の多数の難破船や飛行機を見ることができます。

Marjan Radović

ダイバーや水中世界を愛する人々は、遠い昔からアドリア海の海底世界の美しさをよく知っていました。セーラーたちは海面の反対側からこの美しさを楽しむことができます。