ヨットマン必見のアドリア海沿いの街々

ヨットマン必見のアドリア海沿いの街々

クロアチアの海辺の魅力は、海沿いの暮らしのアーバンセンターである島の小さな街々の魂と密接に結びついています。豊かな歴史遺産や文化遺産が、街角のいたるところにありありとあらわれ、地中海ののどけさがあふれる石造りの家々や広場、路地に刻みこまれています。トレードマークは、地中海のくらしに欠かせない、地元の人々のおもてなしの心。ここでは、クロアチア側のアドリア海の南から北まで、美しいだけでなく安全な係留地を提供し、ヨットマンたちの必見スポットとなっているもっとも人気の小さな街々を、厳選してご紹介しています。

シパン港

Šipan
Juraj Kopač
Šipan

ドゥブロヴニク紳士の昔ながらの人気デスティネーション、シパン港Šipanska Lukaは、人気が上昇してきているにもかかわらず、かつてと変わらない自然のハーモニーを、今なお残しています。地元ならではの植生が緑ゆたかに生い茂る入り組んだ入り江の奥に位置するシパン港は、華やかな夏の別荘や、遊び心いっぱいの建築物、極上のグルメを楽しむことができる安全な係留地。しかもこれらは、この漁港が見逃せないデスティネーションとなった理由のほんの一部にすぎないのです。

コルチュラ

Korčula
Ivo Biočina
Korčula

コルチュラ・タウンは、堂々とした街壁と高い塔に囲まれた街。この街の石畳の路地や家々は、さまざまな歴史的イベントを目撃してきました。また、かの有名なドゥブロヴニク旧市街に、実によく似通っていることから「小ドゥブロヴニク」との異名も誇っています。ここは、航海者マルコポーロの街であるとともに、海の騎士たちの剣舞モレシュカMoreškaや、見逃すことのできない伝統歌唱クラッパのふるさとでもあります。スプリットとドゥブロヴニク海域の交差点に位置し、多くのセーラーたちに人気のデスティネーションです。

Zoran Jelača

ヴィス

海辺から奥まった入り江に位置する街ヴィス・タウンが、アドリア海初で、もっとも重要な古代ギリシャの植民地となったのには、さまざまな理由があります。この息をのむような美しさを誇る海辺のツーリズムのメッカは、フランシスコ会修道院やプリオヴォPriovo半島、おとぎ話から抜け出たような海沿いの散歩道、石造りの家々に象徴され、青い海とまわりを取りかこむ緑のスロープの風景に見事に溶け込んでいます。こんにち、アドリア海で最大の自然の係留地を誇り、セーリングシーズンには、いつでも多くのクルーザーがひしめいています。

コミジャ

Komiža
Ivo Biočina
Komiža
コミジャKomižaは、アドリア海でもっとも古い漁村で、海にロマンをもとめる人々あこがれのセーリングデスティネーション。大きな湾の一番端の山すその急な崖のふもとに位置した、アドリア海随一の風光明媚な港です。その秩序だったたたずまいとカラフルな風景にとけこんだ建築の数々の光景は、コミジャを、アドリア海域だけでなく、世界でも有数の珠玉の街にしています。

フヴァール

Hvar
Zoran Jelača
Hvar

クロアチアのサントロぺとして知られるフヴァール・タウンは、アドリア海でも指折りの美しいアイランド・タウン。曲がりくねった石畳の小路のみごとな景観、フォトジェニックなタウンハーバー、海沿いの長い遊歩道や、絡み合うパクレニ諸島のターコイズブルーのラグーンの風景は、フヴァールのシンボル、フォルティツァFortica要塞が位置する街の上方の丘から見下ろすことができ、そのなかには、世界最古の劇場をはじめとし、多くを抱く街が広がっています。海からフヴァール・タウンへのアプローチへも、同じくらい魔力に取り巻かれ、セーリングの巨匠-フヴァールのバルカリヨリbarkarijoli-のふところにみごとに抱かれるのを感じることでしょう。これは、多くのセーラーたちやセレブ、ナイトライフマニアが愛してやまない街の雰囲気と美しさをご紹介する、ほんの手短なプレビューにすぎません。

スクラディン

Skradin
Ivo Biočina
Skradin

二千年もの昔、古代ローマ人がガレー船を停泊したクルカ川の河口に位置するスクラディンSkradinの風光明媚な街は、セミしぐれとカエルの鳴き声が満ちあふれ、この地が自然の魔法にあふれる街であることを教えてくれます。このおとぎ話のなかから抜け出たような旧市街は、保護文化モニュメントに宣言されています。ヨットマンのお気に入りのミーティング・ポイント、スクラディンは、もうひとつの自然の驚異、ほど近くにあるクルカ国立公園への「海」の玄関口でもあります。

Ivo Pervan

スサク

スサクSusak島全体と、島のもっともアクセスしやすい場所に位置しているスサクの街は、まるで今の時代の世界とは思えないほど。島は砂とアシででき、黄色いトーンに覆われています。地元の方言はきわめて特殊で、地元の民族衣装は、民族衣装としては特異なミニスカートが特徴的。街の活動の二つの中心、港のあるスタロ・セロStaro Selo(「古村」の意味)と、堂々とした聖ニコラ教会がそびえ、保存状態のよい墓地があるゴルニェ・セロGornje Selo(「上村」の意味)は、砂の斑点のある長い階段で結ばれています。南北の交差点に位置し、スサクは、この海域を訪れるセーラーたちのお気に入りの港です。

ツレス

Cres
Ivo Biočina
Cres
ツレスCresは、小さな中世の港がシンボルの穏やかな街。その港は、いつも地元の漁船でにぎわい、街の中心部には、おたがいにもたれあっているこの土地ならではの細長い建物が立ち並び、石造りの迷路を形作っています。入り組んだ入り江の深く奥まった場所に位置し、緑のなだらかな傾斜に囲まれ、ツレスの街を訪れる人々は、まるで湖畔にいるかのような錯覚を覚えます。街の横の大きなヨットハーバーのおかげで、ここは、クヴァルネルKvarner湾を横切るセーリングの絶好のスタート地点となっています。

ラブ

Rab
Ivo Biočina
Rab
ラブRabの街は、北アドリア海一美しい至宝との名声にふさわしい街。要塞に取り囲まれ、四つの鐘楼が美しくそびえたつ街の様子は、四本の高いマストをもち、いかりを下ろす帆船を思わせます。この街では、革新的な建築のハーモニーや、アドリア海でも指折りの美しい公園、奥まった場所に位置する人気のタウンハーバーが、ひときわ抜きんでています。ラプスカ・フィエラRapska fjera祭や、ラブ中世トーナメントなどのイベントの数々もまた、このセーラーたちの美しいヨットハーバーのある魔法に包まれた場所を訪れるべき理由です。
Boris Kačan

Rovinj

ロヴィニュRovinjは、おそらくイストゥラ半島一美しい街。22もの小さな島々に囲まれ、街の守護聖人聖エウフェミアの教会が見下ろし、カラフルな家々が立ち並ぶ華やかな街の中心部は、ロヴィニュがアドリア海北部でも随一の人気デスティネーションになった理由のひとつです。街に新しくオープンするヨットハーバーは、ロヴィニュの装いをあらたにし、観光資源にさらなる魅力が付け加わります。