ホテル・レストラン&バー・ベヴァンダ

ホテル・レストラン&バー・ベヴァンダ

ユニークなアドリア海

オパティヤ、このエレガントな観光デスティネーションは、クロアチアでもっとも長い観光の伝統を誇るリビエラの中心地に位置しています。ミラノ、ウィーン、ミュンヘンから約500キロと、中央ヨーロッパの多くの都市から温暖な海へ手軽に行ける魅力的な地理的環境、緑ゆたかな植生と快適な気候などがおもな要因となって、ここでは、19世紀終盤にツーリズム産業が始まり、急速な発展を遂げました。

 

19世紀終盤から20世紀初めにかけて建設が進んだオパティヤは、こんにちに至るまで、自然と完全なハーモニーを保っています。美しく整備された庭園、長さ12キロメートルにおよぶ海沿いの照明付き遊歩道「ルンゴマーレ」、整備の行き届いたビーチや噴水の数々は、最高6000人の宿泊客が快適に滞在できる邸宅やホテル群のみごとな背景をかたち作っています。

 

冬季の平均気温が7度、夏季平均気温が21.9度と、気温の寒暖差が比較的少なく、高い気圧と、絶えず流れている空気循環のおかげで、オパティヤの気候は、さわやかで快適。海と山、緑の公園と青い海、古めかしい建物とモダンな快適さ、にぎやかなエンターテインメントイベントと日帰りツアーの静かなデスティネーションのコントラストにめぐまれ、オパティヤとその周辺は、一年をとおして、とても魅力的な観光リゾートです。

Marko Valjak / Hotel Bevanda
ホテル・ベヴァンダは、アドリア海北部初の5つ星デザインホテルで、最高級の贅をつくした施設をそなえた客室とパーソナルなおもてなしで、お客様が心ゆくまでリラクゼーションを堪能できる場所です。

ホテルは、1971年に創業した同じ名前のレストランがそのいしづえとなっています。著名な伝説的レストランは、10室の豪華な客室をしつらえたホテルに生まれ変わり、各客室は、かつてオパティヤに滞在した有名人で、地元のトレンディカルチャーや社交シーンに影響を与えた人々にちなんで名づけられています。客室にはモダンな内装が施され、キングサイズベッド、ジャグジーつきバスタブ、ランバン・ブランドのアメニティ、ドイツのハイクラスブランド、レーベ社の地上波と衛星放送付き液晶テレビ、同じくレーベ社のiPhone音響システム、イタリアを代表するコーヒーブランドiIlly社のコーヒーメーカー、Wi-Fiインターネット接続を含む上質な施設が備えられています。

 

創業以来初の大幅な改装が加えられたレストランのインテリアは、クロアチア人建築家とサプライヤーの手により印象的かつ念入りにデザインされました。モダンで多種多様な空間には、葉巻を吸ったり、ハードリカーを楽しむために仕切られた専用スペースもあります。

 

内陸部と海から供給される新鮮な食材をもちいて、レストラン「ベヴァンダ」は、こんにち、モダンなアレンジをくわえたクラシックで多彩な料理を創り出しています。おいしい料理を提供するため、厨房では、食材本来のピュアでクリアな味わいを引き出すことに最大の焦点をあてています。ドリンクのセレクションは、グルメ先進国のこの地域でも最高級を誇り、それは今でも変わりません。国内外から取りそろえた主要なドリンクメニューの料理メニューとの相性は完ぺきです。

コンタクト

Zert 8
51410
クヴァルネル
Opatija