ヴィラ・ドゥブロヴニク

ヴィラ・ドゥブロヴニク

生命の源を祝う

ドゥブロヴニクについては、既に多くが語られ、記され、記録されてきました。このアドリア海に浮かぶ中世都市の壮麗な街壁の光景は、世界的に有名で、毎年、何百万人もの観光客が、ドゥブロヴニクとその郊外の美しさを体験しにやってきます。それでもなお、このグラマラスな壮観のただなかにいても、この街の本当の神髄、時を超えていにしえの歴史と現代のドゥブロヴニクを脈々と結んでいるつながりをみつけるのは、ときに難しいもの。そのつながりは、実は水。ドゥブロヴニクの生命の中心かつ源です。

 

このつながりがもっとも明白にわかるのは、ヴィラ・ドゥブロヴニクをおいてありません。ゲストにパーフェクトな休暇を約束するこのラグジュアリーなオアシスが建っているのは、海に面した崖のうえ。そこから見下ろせる眺望は、旧市街とロクルム島、そしてどこまでも青いアドリア海-生命を意味する最初の水です。旧市街の中心から、徒歩でほんの10分ほどしか離れていませんが、ヴィラ・ドゥブロヴニクは穏やかな静けさに取り囲まれ、耳にするのは、波が打ち寄せる音だけ。客室の窓は、海の果てしない青に開かれ、あらゆるイベントやお祝いにふさわしい美しい風景が広がっています。

ドゥブロヴニクの歴史を流れる水のなごりの二つめは、ヴィラのロビーで、ゲストを待ち受けている水が流れるグラスウォール。しかめっつらした魔除けのグロテスク模様のエッチングがほどこされています。こうしたグロテスク面のモチーフは、街中あちこちでみかけます。ここでは、水は常に聖なる存在でした。初の水道施設は1438年の段階で既に導入され、法で厳格に管理されてきました。こんにちでさえ、この街には、いにしえの水場が数多く残り、この美しい街のかくされた一角をさがせば、見つけることができます。オノフリオの噴水ほど有名でない水場でさえ、それにまつわる千以上もの物語があるのです。そこにも、しかめっつらでグロテスクな顔のモチーフがありますが、怖がる必要はないのです。伝説によると、グロテスク面は、善良な人々を歓迎し、魔除けとして街を守ってくれているのです。グロテスク面は街のあちこちでみかけます。ヴィラ・ドゥブロヴニクへ続く壁でも、たくさんにらみつけたり、しかめっ面したり。でも慣れれば地元っ子たちのように、あると逆に安心になってくるものです。

 

街が讃える三つめの水の意味は、清め。このためにわざわざ遠くまで出かける必要はなく、ヴィラ・ドゥブロヴニクの幅広いラグジュアリーなスパ・トリートメントで、水の効能をたっぷり享受できるのです。もちろん、清らかなアドリア海に勝るほどリラックスできる極上のスパはないという人もいます-そんな人には、ヴィラ・ドゥブロヴニクでは、息をのむほどみごとな景観が広がるプライベートビーチを用意しているほか、ラグジュアリーなプライベートボートを使って、美しい入り江や周辺のビーチへ繰り出すこともできるのです。

Hotel Villa Dubrovnik
街の聖なる水へ捧げる愛を目撃し、体感したあとの一日の終わりには、ヴィラのテラスに腰かけ、ワインが注がれたグラスを片手に、一流の料理人が心を込めて調理するグルメなディナーを待つひととき。ここでもまた、あなたの前に広がるのは、水。青い海と、寄せては返す波の穏やかなざわめきにひたるのです。ヴィラ・ドゥブロヴニクは、ラグジュアリーと贅沢なシンプリシティを楽しんだり、物思いにふけったりする場所。命の源である水をたたえる場所なのです。

コンタクト

Vlaha Bukovca 6
20000
ダルマチア - ドゥブロヴニク地域
Dubrovnik