ホゥヴァル島

ホゥヴァル島

有名なフォーブス誌はその特集記事の中で、中央ダルマチアのホゥヴァル島を、カリブ、モルディブ、ハワイ、バハマなどと並び賞賛しています。ホゥヴァル島は過去にも数回、世界のメディアから最も美しい島として紹介されたことがあります。入り組んだ海岸線、透き通ったビーチ、長い日照時間、手付かずの自然、ラベンダーのよい香り、オリーブ、ワインなどが島の自慢です。ホゥヴァル島の日照時間はヨーロッパで最も長く、年間2,700時間もあります。
古代ギリシャ人は、この島を重要な海上の戦略的拠点として入植しました。島の名前はギリシャ語で灯台を表すPharosから来ています。その後ローマ人がPharia、ダルマチア=ローマ人がFara、中世の初期に住み着いたクロアチア人がHvarと名付けました。
アドリア海で最大の長さを誇るホゥヴァル島には多くのビーチがあり、観光客は自分の好みに応じたビーチを見つけることができます。
子供連れの場合はソリネ、グレビシュチェ、ミナのビーチがおすすめです。団体やエンターテイメントを求める場合にはペタルチツァ、ムラスカ、パルミジャナ、イヴァン・ドラツや、街のビーチであるラテルナ、バニなどが適しています。カップルには、マスリニツァ、ペルン、ボニが最適です。ボニ・ビーチは、イギリスの大手新聞タイムズ紙にヨーロッパで最も美しいビーチのひとつとして紹介されたことがあります。ナチュリスト向けのビーチは、グラヴィツァ、ゼヴェヴォ、スティパンスカ、シュチェドゥロがあります。
水中での漁は禁止されていますが、ヴォドニャク島やスタンベデル岬周辺でのダイビングはおすすめです。ホゥヴァル島とブラチュ島の間の海峡ではウィンドサーフィンを楽しめます。ホゥヴァル島の南側の崖はクライミングに適しています。ブドウ畑やオリーブ畑を抜けて高さ626mのスヴェティ・ニコラの頂上までは急勾配で、山歩きの愛好家におすすめです。
島のナイトライフも充実していて、ナイトクラブのCarpe Diem、セレブが好むクラブVeneranda、ビーチバーHula Hula、Nauticaバー、Kivaバー、Splashビーチバー、Vertigoクラブなどで楽しめます。
島の内陸部は、観光地化された海岸沿いとは違い、歴史ある建築物が保存された村々に小さなショップ、細道、庭付きの石造りの家、教会の鐘楼などがあります。約20kmのエリアにピトゥヴェ、ヴリスニク、スヴィルチェ、ヴルバニ、ドルの村々があります。