ロヴィニュの聖エウフェミア教会

ロヴィニュの聖エウフェミア教会

小さな海の町ロヴィニュに堂々とそびえ立つエウフェミアSt Euphemia教会は、イストゥラにあるバロック建築の中でも、指折りの美しさで有名。聖エウフェミアはこの町の守護聖人で、その遺物は教会内の大理石の石棺に収められています。

 

旧市街の代表的な建造物は、18世紀初頭に建てられ、20世紀中頃にバロック=ヴェネチアンスタイルで新しく正面が作り直された聖エウフェミヤ教会です。その鐘楼は高さ60mで、風で回る銅製の聖人の像が付いています。